外出時も室内にいるときも大活躍してくれた抱っこひもは育児必需品!

私は二人の子供を育児していますが、そのどちらの子どもを育てる時に絶対に欠かせなかったベビーグッズがあります。

 

それは抱っこ紐です。

 

 

二人の子供を育てていて抱っこ紐を使わなかった日はほとんどないと思います。

 

それほどまでに私にとって抱っこ紐はなくてはならないベビーグッズでした。

 

 

まず必ず使うシチュエーションとしては、外出する時です。

 

ベビーカーも持っていましたが、私の場合は抱っこ紐を使う割合のほうが多かったです。

 

 

特に一人目の育児の時にはエレベーターのないマンションに住んでいたこともあり、ベビーカーを上の階に運んでいくのがとても大変でした。

 

階段しかないマンションだったので、抱っこ紐のほうが事前準備がほとんどなく、サッと外出することが出来ました。

 

 

また、外出時だけでなく家でも抱っこ紐は活躍してくれました。

 

それは子どもをおんぶする時です。

 

 

抱っこだとお腹周りに赤ちゃんがくるようになるので、家事をする時には正直危ないです。

 

しかしおんぶをすることによって、前がフリーになるので料理をしたり、掃除をしたりと家事がすんなり出来るようになります。

 

 

そして何よりも赤ちゃんはおんぶが大好きです。

 

泣いていた赤ちゃんをおんぶすると泣き止んでスヤスヤ眠ってしまうことも多いです。

 

 

赤ちゃんも気持ち良さそうですし、私自身もおんぶをしていると家事がはかどるので、毎日のようにおんぶしていました。

 

私の使っていた抱っこ紐は肩だけでなく、腰にベルトを巻くタイプのもので、赤ちゃんの重さが肩だけでなく腰で支えられるようになっています。

 

 

一度肩だけで支えるタイプの抱っこ紐を買ったのですが、赤ちゃんの成長と共にあまりにも肩にかかる重さがすごく、途中で使用するのをやめてしまいました。

 

最初から肩と腰で赤ちゃんを支えるタイプのものを買っておけば良かったと思いました。

 

 

抱っこ紐は実際に使って生活してみないと、自分と赤ちゃんに合っているものなのか見極められないことも多いですし、高価なものも多いので、簡単に買うのは控えたほうが良いと思いました。

 

 

 

ベビーカーとおんぶ紐はどちらも絶対に必要な重要なベビーグッズです。

 

ベビーカーとおんぶ紐のどちらを多く使うのかは人によると思いますが、赤ちゃんが小さい内はやはりおんぶ・抱っこがメインになると思います。

 

 

最もママに接近出来るのは抱っこやおんぶですから、怖がりな新生児の内はやはりおんぶ・だっこが最も安心出来るのだと思います。

 

 

だっこ紐は、赤ちゃんのぐずり対策にも使えますので、ベビーカーと一緒に上手くつかって、快適に育児をして行きましょう。

 

 

おすすめサイトです→ベビーベッドの激安サイト!