育児に絶対必要!地味だけどないとこまるもの、赤ちゃん用の爪切り!

第一子を妊娠後、マタニティ雑誌の付録についてるリストを手にいろんなものを買いました。

 

正直、あってよかった!ものはそんなに多くなかったのですが、その精鋭グッズのうち、ひとつは赤ちゃん用の爪切りです。

 

 

生まれるまでは知らなかったし、雑誌にもネットにもあまり書いてなかったのですが、赤ちゃんの爪はとても薄いです。

 

そして新生児はなぜか顔のまわりをよくさわり(というか、動かす手が当たる)、お肌も柔らかいので、すぐに小さな傷がついてしまうのです。

 

 

赤ちゃんの爪は固くはないですが薄いので、ちょうど紙でスッとやる感じです。

 

しかも赤ちゃんの爪はすぐ伸びますが、手も指もとても小さく、切るのはハラハラドキドキ、とても気を使います。

 

 

そこで、赤ちゃん用の爪切りが活用します。

 

裁縫ばさみのような小さなはさみで、刃先は短く、切れ味もそんなに鋭くないものです。

 

 

普通の爪切りでは刃が厚すぎ、裁縫ばさみでは先がとがりすぎ、両方とも赤ちゃんの爪を切るには怖くておすすめできません。

 

正直、ベビーグッズの中でも可愛く心躍る存在ではないのですが、ものすごく役にたつものです。

 

 

 

子供の爪はすぐに伸びますが、爪がとてもやわらかい2歳ころまでは使えるように思います。

 

手のカバーをつける人も多いですが、うちの子はいやがりましたし、少し動けるようになるとすぐにはずれてしまいます。

 

 

見た目もそんなに可愛くないし、値段も安いものなのでプレゼントには向いていませんが、出産を控えた人に絶対必要なものを聞かれたときは、強くおすすめしています。

 

役にたったベビーグッズ、というような会話だと、ついおもちゃなどをあげてしまいがちですが、必要になるまでわからない隠れたお大事グッズだと思います。

 

 

ちなみに赤ちゃんの爪はほんとうにすぐ伸びてしまうので、週に1−2回は絶対に登場します。

 

日々のお出かけには必要ないですが、2泊以上の泊りがけの時は荷物に入れた方がいいですよ。

 

 

赤ちゃんの顔にスッと小さな赤い線の傷ができてしまうと、本当に悲しくなります。

 

ぜひ、爪切りは忘れずに!

 

 

 

育児に必要なアイテムは沢山ありますが、大人同様赤ちゃん用の爪切りも必ず必要になります。

 

それも週に1度とかなり使用頻度の高いものですから、早めに良いものを揃えておくようにした方が良いと思います。